アスベスト含有建築物等の工事に係る届出


ページ番号1003866  更新日 2022年10月27日


解体・改修工事を実施される皆様へ

アスベストの事前調査はお済みでしょうか。
建築物等の解体・改修時には、木造建築であっても、吹き付け材がなくても、石綿の有無を判断するための事前調査が義務づけられています。目視や設計図書等で判断が付かない場合は、石綿があるものとして作業を行うか、分析調査し、その結果を記録しておかなければなりません。また、これらの調査を終了した日、調査の方法及び結果の概要について、公衆に見やすい箇所に掲示しなければなりません。(石綿障害予防規則第3条)

大気汚染防止法に基づく事前調査結果の報告

令和4年4月からアスベスト含有の事前調査結果の報告が必須になりました

次のいずれかに該当する場合は、アスベスト含有建材の有無にかかわらず、事前調査結果の報告が必須になります。

報告は原則として専用サイトから行ってください。

報告が必要な内容及び規模等

作業内容

規模・金額

建築物の解体 作業対象となる床面積の合計が80u以上
建築物のリフォーム 請負代金の合計が100万円以上
工作物の解体・リフォーム 環境大臣が定める工作物であって請負代金の合計が100万円以上

報告先及び問合せ先

工事の対象・規模

報告先自治体(問合せ先)

延べ床面積が2000u未満の建築物 清瀬市 市民環境部 環境課

延べ床面積が2000u以上の建築物

及びすべての工作物

東京都多摩環境事務所 環境改善課
(電話:042-523-0238)

大気汚染防止法及び環境確保条例に基づく届出

提出書類

 

関係法令等(届出様式)

大気汚染防止法

(様式第3の5)

環境確保条例

(第35号様式)

工事内容

吹付石綿の使用面積 15u以上

15u未満

吹付石綿、保温材が使用されている

建築物の述べ面積又は

工作物の築造面積

500u以上

500u未満

届出窓口

工事の対象・規模

届出窓口

延べ面積が2000u未満の建築物 清瀬市 市民環境部 環境課
延べ面積が2000u以上の建築物、全ての工作物 東京都多摩環境事務所 環境改善課
(電話:042-523-0238)

届出の時期及び部数

なお、石綿の除去などの作業についての届出の対象は、解体・改修作業の内容によって異なります。建設リサイクル法に基づく届出については、東京都多摩建築指導事務所にお問い合わせください。


関連リンク


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


環境課環境衛生係
〒204-8511
東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所3階
電話番号(直通):042-497-2099
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


[0] 清瀬市公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) KIYOSE, All Rights Reserved.