光化学スモッグ情報


ページ番号1003858  更新日 2020年8月30日


自動車や工場などから排出される窒素酸化物や揮発性有機化合物(VOC)が、太陽の強い紫外線を受けると光化学反応を起こし、オゾン(O3)などの光化学オキシダント(酸化性物質)を発生させます。気象条件によっては、この光化学オキシダントがたまり白くもやがかかったような状態になることがあります。この状態を「光化学スモッグ」と呼んでいます。

[画像]図:光化学スモッグ発生のしくみ(24.7KB)

発生しやすい条件

光化学スモッグは4月から10月にかけての日差しが強くて気温の高い、風の弱い日に発生します。特に、太平洋高気圧に覆われる7〜8月は、気温も高く紫外線も強く安定した天気が続くため、光化学スモッグが発生しやすい気象条件になります。

光化学スモッグが発生したときの注意

光化学スモッグによる健康への影響

目や喉に刺激があり、「目がチカチカする」、「喉が痛い」などの症状がでる場合があります。

情報提供

テレホンサービス及びインターネットで光化学スモッグ情報を提供しています。

東京都大気汚染情報テレホンサービス:03-5320-7800


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


環境課環境衛生係
〒204-8511
東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所3階
電話番号(直通):042-497-2099
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


[0] 清瀬市公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) KIYOSE, All Rights Reserved.